2017年7月12日水曜日

C# Magick.NETを使ってみる 「目次」

C# Magick.NETを使ってみる「目次」

取っ散らかってきたので目次を作りました。
結構深い部分まで調べたトピックもあります。

基本的な「Magick.NET」の使い方は「GitHub」の「Documentation」で
解説されています。
https://github.com/dlemstra/Magick.NET/tree/master/Documentation

解説内に出てくる全ての「myMagick」オブジェクトは
「ImageMagick.MagickImage」のインスタンスとなります。

C# Magick.NETを使ってみる。その1

http://1studying.blogspot.jp/2017/05/c-magicknet.html

・描画系の処理
  楕円と線の描画
  角丸四角と文字列の描画
・画像を開いて保存
  「bmp画像を開く」→「50%縮小」→「グレースケール化」→「tif形式で保存」
・「Magick画像」と他バイナリ形式との相互変換
  「ストリーム」や「byte[]」を「Magick画像」として開く
  「ファイル」や「Bitmap」や「ストリーム」や「byte[]」へ書き出す


C# バッキングストアとストリームについて

http://1studying.blogspot.jp/2017/05/c.html

・バッキングストア(backing store)とは…

・ストリーム(Stream)とは…
  「System.IO.FileStream」クラス
  「System.Net.Sockets.NetworkStream」クラス
  「System.IO.MemoryStream」クラス
  「System.IO.BufferedStream」クラス
  使用する際の注意
・Streamクラス…
  プロパティ
  メソッド
・使ってみる
  「MemoryStream」を使ってみる
  「FileStream」を使ってみる


C# Magick.NETを使ってみる。その2

http://1studying.blogspot.jp/2017/05/c-magicknet_31.html

・画像の開き方1

・画像の開き方2(PDFやEPSやAI)
  「Ghostscript」のインストール
  「PDF」や「EPS」や「AI」を開く
  「複数頁PDF」を開く(頁指定も)
  「複数頁PDF」への保存
  ラスタライズ時のアンチエイリアス設定
・画像の開き方3(PSDとレイヤー)
  PSDを開く(レイヤー含む)
  指定レイヤーを開く
  PSDでの保存
・画像の開き方4(-define jpeg)
  「画像情報」取得
  「Exif情報」取得
  「Exif情報」から「サムネイル画像」の取得
  「Magick画像」情報取得


C# Magick.NETを使ってみる。補足 画像情報取得

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_12.html

・画像の主要情報取得
  画像の主要情報取得の為のコードを記載


C# Magick.NETを使ってみる。その3

http://1studying.blogspot.jp/2017/06/c-magicknet_28.html

・「色深度」について

・色の指定
  色の指定の仕方1(RGB)
  色の指定の仕方2(アルファ)
  色の指定の仕方3(CMYK)
  色の指定の仕方4(グレー)
  色の指定の仕方5(ICCプロファイル、デバイス)
・「Photoshop」上での「カラーモード」と「ICCプロファイル」


Photoshop上でのカラーモードとICCプロファイル

http://1studying.blogspot.jp/2017/05/photoshopicc.html

・「カラーモード」と「ICCプロファイル」
  カラーモード(カラータイプ)
  ICCプロファイル
・「作業用スペース」と「プロファイルの指定」
  「作業用スペース」(表示用「ICCプロファイル」指定)
  「プロファイルの指定」(「ICCプロファイル」埋め込み設定)
・「プロファイル」状態によるタイトルバー表示の違い
  「RGB/8」「RGB/8#」「RGB/8*」の違い
・「カラーモード」の変換について
  「カラーモード」を変換してみる


C# Magick.NETを使ってみる。ICCプロファイル変換

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magickneticc.html

・色々なプロファイル
  埋め込みプロファイル名表示
・「Magick.NET」の標準「ICCプロファイル」

・「ICCプロファイル」変換(普通の方法)
  「RGB」から「CMYK」への色変換
・「ICCプロファイル」変換(普通の方法)解説
  RGBの「ICCプロファイル」
  CMYKの「ICCプロファイル」
  「変換方式」
  「マッチング方法」(レンダリングインテント)
  「黒点の補正を使用」
  「ディザの使用」


C# Magick.NETを使ってみる。グレースケール変換

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet.html

・カラースペースでグレー変換
  グレーへ変換
・「Intensity」強度を指定してグレー変換
  グレー化時「Intensity」を選択
・「FX」で手動グレー変換

・「ColorMatrix」で手動グレー変換
  変換用パラメータの行列
  パラメータ行列の意味
  レシピ1
  レシピ2
  RGBをグレー変換するには
・グレー化時、「Intensity」強度の種類に合わせるには


C# Magick.NETを使ってみる。モノクロ2階調変換

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_19.html

・しきい値で2値化
  閾値で2値化
  閾値で2値化。暗い色をK100
  閾値で2値化。明るい色をK0
・ディザで2値化
  「Riemersmaディザ」で2値化
  「Riemersmaディザ」で2値化(明示)
「誤差拡散ディザ」「フロイドスタインバーグ」で2値化(明示)
  「無作為 (Random) ディザ」で2値化
・スクリーントーンで2値化

・ローカルしきい値で2値化
  「ローカル閾値法」で2値化


C# Magick.NETを使ってみる。 トーンカーブ

http://1studying.blogspot.jp/2017/06/c-magicknet_9.html

・ガンマを使ってみる

・レベルを使ってみる
  レベルを使ってみる
  「ライナーストレッチ」を使う
・Fxを使ってみる
  「gnuplot」のインストール
  「gnuplot」で計算式を導き出す(4つのポイント用)
  Fxに計算式を適用させる
  「gnuplot」で計算式を導き出す(3〜12ポイント用)
・modulateを使ってみる
  モデュレートで明度、彩度、色相変更
・SigmoidalContrastを使ってみる
  引数の説明
  「シグモイダルコントラスト」の使用
・FunctionのPolynomialを使ってみる


C# Magick.NETを使ってみる。画像回転

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/magicknet.html

・通常の回転

・アフィン変換による回転

・Exif情報内のorientation情報について


C# Magick.NETを使ってみる。リサイズ拡大縮小

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_22.html

・リサイズ
  %でリサイズ
  横%縦%でリサイズ
  指定Pixel以下の画像にリサイズ(縦横比率は変更無し)
  サムネイル作成用リサイズ(高速縮小)
  高速リサイズ(通常は使用しない)
  倍数拡大(まろやか綺麗)
  %でリサイズ(ぼけ最小、+-50%以内)
  シームカービングでリサイズ(画像印象を保持)
  自由変形でリサイズ
  解像度の変更(縦横サイズ固定、縦横Pixel数変化)
  %でリサイズ(フィルターを指定)


C# Magick.NETを使ってみる。シャープ、ぼかし

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_24.html

・シャープ、アンシャープマスク
  シャープ
  シャープ(強)
  シャープ(輪郭のみ)
  アンシャープ
・ぼかし
  ぼかし
  ぼかし(強)
  ぼかし(ガウス)
  ぼかし(輪郭以外)
  ぼかし(移動)
  ぼかし(放射状、回転)
  ぼかし(しきい値)


C# Magick.NETを使ってみる。Fx

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknetfx.html

・Fx
  保留


C# Magick.NETを使ってみる。画像の複製と切り出し

http://1studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_31.html

・画像の複製と切り出し




ダミー

ダミー








ここから下は自分用の目次。
リンク先は非公開となります。


C# Magick.NETで「Photoshop」のカラーモード変換をエミュレート

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknetcolorpshopemu.html

・「RGB」と「CMYK」の相互変換

・「RGB」から「グレースケール」へ変換(Photohosp互換)
  RGB → 「Phothoshop」グレー化
・「CMYK」から「グレースケール」へ変換2(Rip互換)
  CMYK → Ripグレース化


C# Magick.NETで「Photoshop」の2値網化をエミュレート1

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknetphotoshop.html

・準備
  自作網点の追加
・使い方
  自作した網点を読み込む
  自作した網点の使用例


C# Magick.NETで「Photoshop」の2値網化をエミュレート2

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknetphotoshop_11.html

網点選択一覧
「ImageMagick」を「bash」から使用する場合
・網点を自作
 「Indesign」「javascript」


C# Magick.NET Pixelへのアクセス

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet-pixel.html

・Pixelへのアクセス(通常)
  Pixelへアクセス(通常)foreach
  Pixelへアクセス(通常)xyループ
・Pixelへのアクセス(高速)

・画像のテキスト変換


C# Magick.NET 自作ディザの作成

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet.html

・自作ディザ「Void and cluster」
  使い方
・自作誤差拡散ディザ「フロイドスタインバーグ」

・自作誤差拡散ディザ「JaJuNi(Jarvis,Judice and Ninke)」

・自作誤差拡散ディザ「3行シエラ」

・自作誤差拡散ディザ「2行シエラ」(Two-row Sierra)

・自作誤差拡散ディザ「SierraLite」

・自作誤差拡散ディザ「Atkinson」

・自作誤差拡散ディザ「Stucki」

・自作誤差拡散ディザ「Burkes」



C# Magick.NET フーリエ変換

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_26.html

うまく行かない為、保留


C# Magick.NET 課題。やり残しメモ。

http://00studying.blogspot.jp/2017/07/c-magicknet_31.html






ダミー

ダミー










以下のサイトを参考にしました。

「IM使用例まとめ」
http://www.imagemagick.org/Usage/

「JMagickまとめ」
http://kyle-in-jp.blogspot.jp/2011/07/jmagick.html





0 件のコメント:

コメントを投稿

↑Topへ